2025.02.12
不動産ガイド 暮らしお役立ち

中古住宅,プロパンガスから都市ガスへ変更する方法と費用【完全ガイド】

中古住宅,プロパンガスから都市ガスへ変更する方法と費用【完全ガイド】

 

中古住宅を購入した際に、プロパンガスから都市ガスへの変更を考える方は少なくありません。都市ガスは一般的にプロパンガスよりもコストが低く、安定した供給が期待できるため、長期的に見て経済的なメリットがあります。しかし、変更には一定の手間と費用がかかります。本記事では、プロパンガスから都市ガスへの変更手順や必要な費用、注意点について詳しく解説します。これからガスの切り替えを検討している方にとって、有益な情報を提供できるよう努めますので、ぜひ最後までご覧ください。

中古住宅を購入し、ガスを使うまでの全体像

中古住宅を購入した際、ガスの使用までの手順を知っておくことは重要です。まず、購入後に行うべきは「ガスの種類」の確認です。日本では一般的にプロパンガスと都市ガスの2種類があります。プロパンガスから都市ガスに変更する場合、ガス会社に連絡して「切り替え手続き」を行う必要があります。次に、ガスの「配管工事」が必要となる場合があります。この工事は専門業者に依頼することが一般的です。工事が完了したら、ガスの「開栓作業」をガス会社に依頼します。開栓作業では、ガスの安全確認が行われ、使用可能となります。最後に、ガス機器の「動作確認」を行い、正常に使用できることを確認します。これらの手順を踏むことで、中古住宅でも安全にガスを使用することができます。

都市ガスとは?

都市ガスとは、主に「メタン」を主成分とする天然ガスを供給するシステムです。都市ガスは、各家庭や商業施設にパイプラインを通じて供給され、調理や暖房、給湯などに利用されます。プロパンガスと比較すると、都市ガスはガス料金が安定しており、供給の安定性も高いです。特に中古住宅を購入する際には、プロパンガスから都市ガスへの切り替えが考慮されることが多いです。都市ガスの供給エリアは都市部に集中しており、地方ではプロパンガスが主流です。都市ガスの利用には、ガス会社との契約とガス機器の設置が必要です。エネルギー効率が高く、環境負荷も少ないため、都市ガスは持続可能なエネルギー源として注目されています。

プロパンガス(LPガス)の特徴

プロパンガス(LPガス)は、液化石油ガスの一種で、主に「プロパン」と「ブタン」を含む。日本国内では、特に「家庭用燃料」として広く利用されている。プロパンガスの特徴として、都市ガスと比較して「発熱量」が高く、効率的にエネルギーを供給できる点が挙げられる。また、供給方式は「ボンベ」によるもので、災害時でも早急に供給が再開されやすい利点がある。一方で、プロパンガスは都市ガスと比べて「料金」が高めであることが多い。中古住宅を購入する際、プロパンガスから都市ガスに変更することを検討する人も多いが、初期費用や工事の手間がかかる点も考慮が必要だ。プロパンガスの供給業者は地域ごとに異なるため、地域密着型のサービスが受けられることも特徴の一つである。

ガス料金の比較と目安

中古住宅を購入する際、「ガス料金の比較と目安」は重要な検討ポイントです。特に「プロパンガスから都市ガス」への切り替えを考える場合、料金体系や使用量によるコストの違いを理解することが必要です。プロパンガスは一般的に都市ガスよりも単価が高いですが、初期導入コストが低い場合があります。一方、都市ガスは安定した供給と料金の透明性が魅力です。

例えば、月間のガス使用量が30立方メートルの場合、プロパンガスでは約12,000円、都市ガスでは約6,000円と大きな差が生じることがあります。ただし、地域や契約内容により料金は異なるため、実際のコストを確認することが大切です。また、プロパンガスの供給業者によっては、料金交渉が可能な場合もあります。

中古住宅の購入を検討する際には、ガス種別の違いによる「ランニングコスト」をしっかりと比較し、総合的なメリット・デメリットを把握することが不可欠です。

プロパンガスから都市ガスへの切り替え方法

中古住宅を購入した際に、プロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討することがあります。切り替えにはまず、現地調査が必要です。ガス会社に連絡して、都市ガスの供給エリアかどうか確認します。供給エリア内であれば、配管工事の見積もりを依頼しましょう。工事費用は物件の状況により異なりますが、一般的には数十万円程度です。次に、ガス機器の交換が必要です。プロパンガス用の機器は都市ガスでは使用できないため、新たに都市ガス対応の機器を購入します。最後に、工事日程を調整し、実際の切り替え工事を行います。工事は通常1日で完了しますが、事前にガス会社としっかり打ち合わせを行うことが大切です。切り替え後は、ガス漏れがないか確認し、安全に使用できる状態を確認します。都市ガスへの切り替えは、ランニングコストの削減や利便性向上に寄与します。

ガス利用の流れ:中古住宅購入からスタート

中古住宅を購入した際、最初に考慮すべきは「ガスの種類」選びです。一般的に、中古住宅では「プロパンガス」が使用されていることが多いですが、都市ガスへ変更することで「ランニングコスト」を抑えることができます。まず、ガス会社に連絡し、ガスの種類を確認します。次に、都市ガスへ変更する場合、ガス管の引き込み工事が必要です。工事の費用や期間は、地域や住宅の状況によって異なりますので、事前に見積もりを取得することが重要です。また、ガス機器の交換も必要になることがあります。特に、給湯器やコンロなどは「プロパンガス専用」のものが多いため、都市ガス対応の機器に交換する必要があります。これにより、ガスの安全性と効率性が向上し、長期的なコスト削減が期待できます。最後に、工事が完了したら、ガスの開栓手続きを行い、ガスの利用を開始します。

都市ガスの導入手続き

中古住宅に「都市ガス」を導入する手続きは、まず供給エリアの確認から始めます。都市ガス会社の「ホームページ」や「カスタマーセンター」で供給地域かどうかを確認しましょう。次に、プロパンガスから都市ガスへの切り替えを考えている場合、ガス会社に「見積もり」を依頼します。見積もりには、ガス配管工事や「メーター設置」費用が含まれます。費用が明確になったら、都市ガス会社に「契約申込書」を提出し、工事日程を調整します。工事当日は、ガス会社の技術者が配管工事と「ガス機器」の取り付けを行います。工事完了後、「ガス漏れ」検査が行われ、問題がなければ使用開始となります。都市ガスの導入は、ライフラインの一部として重要な手続きですので、計画的に進めましょう。

プロパンガスへの切り替えプロセス

中古住宅における「プロパンガスへの切り替えプロセス」は、まず現状のガス設備を確認することから始まります。既存の設備が都市ガスの場合、プロパンガスへの切り替えには専門業者のサポートが必要です。プロパンガスの供給業者を選定し、契約を結びます。その後、プロパンガス用の配管工事が行われ、ガス機器の調整が実施されます。これにより、安全で効率的なガス供給が可能になります。切り替えの際には、費用や施工期間についても事前に確認しておくことが重要です。

特集:ガスメーター(マイコンメーター)の役割

ガスメーター、特に「マイコンメーター」は、ガスの使用量を正確に計測するだけでなく、安全管理の役割も果たしています。中古住宅において、プロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討する際には、このメーターの役割を理解しておくことが重要です。マイコンメーターは、ガス漏れや異常なガス使用量を検知すると、自動的にガス供給を停止する機能を持っています。これにより、ガス事故のリスクを大幅に減少させることができます。また、都市ガスへの切り替え時には、適切なメーター設置とメンテナンスが求められます。ガスメーターの定期的な点検と適切な使用は、安全で快適なガス利用を支える基盤となります。

まとめ:ガス選択のポイント

中古住宅を購入する際、ガス選択は重要なポイントです。「プロパンガス」と「都市ガス」のどちらを選ぶかで、生活の快適さやコストに大きな影響を与えます。まず、プロパンガスは設置が簡単で、ガス供給が途絶えるリスクが低いのが魅力です。一方、都市ガスはランニングコストが低く、長期的には経済的です。中古住宅の場合、既存のガス設備に合わせるか、新たに都市ガスに切り替えるかを検討する必要があります。また、ガス会社のサービス内容や料金プランも比較検討することが重要です。地域によっては、都市ガスへの切り替えが難しい場合もあるため、その点も確認が必要です。ガス選択においては、生活スタイルや予算を考慮し、最適な選択をすることが求められます。

最後に:ガス選択の重要性

中古住宅を購入する際、「プロパンガスから都市ガス」への変更を検討することは非常に重要です。ガスの選択は、日々の生活費や快適さに大きな影響を与えます。プロパンガスは、導入コストが低く、配管工事が比較的簡単に行える利点がありますが、使用料金が高くなる傾向があります。一方、都市ガスは使用料金が安価で安定しているため、長期的なコスト削減が期待できます。特に中古住宅の場合、初期の設備投資を抑えつつ、将来的なランニングコストを考慮することが求められます。また、都市ガスへの変更は、エネルギー効率の向上や環境負荷の軽減にも寄与します。したがって、ガス選択は単なるコストの問題だけでなく、生活の質や環境への配慮も含めた総合的な判断が必要です。

記事作成者の紹介

記事作成者の紹介をさせていただきます。私は「刈田知彰」、SEOの専門家兼宅地建物取引士不動産のプロです。これまでに「中古住宅」や「プロパンガスから都市ガス」への切り替えに関する記事を執筆してきました。私の専門知識と経験を活かし、読者の皆様にとって有益な情報を提供することを心がけています。特に「中古住宅」市場の動向や、「プロパンガスから都市ガス」への変更手順について詳しく解説することが得意です。今後も、不動産関連の最新の情報を取り入れた記事を提供し続けてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

プロパンガスと都市ガス:その違いとは?

中古住宅を購入する際、「プロパンガス」と「都市ガス」の違いは重要なポイントです。まず、プロパンガスはボンベを使用し、供給が安定しており、災害時にも強いという利点があります。一方、都市ガスは地下パイプラインを通じて供給され、使用料金が比較的安価であることが特徴です。プロパンガスは地方や山間部で多く利用され、都市ガスは都市部で主流です。さらに、プロパンガスはエネルギー効率が高く、料理や暖房に向いていますが、設置や取り扱いに注意が必要です。中古住宅を選ぶ際には、ガスの種類に加えて、供給エリアや料金、使用目的を考慮することが大切です。

プロパンガスの特性

プロパンガスは、液化石油ガス(LPG)の一種で、主に「プロパン」と「ブタン」を含む燃料です。一般的に、プロパンガスは「高い発熱量」を持ち、効率的なエネルギー供給が可能です。そのため、特に「寒冷地」での使用が適しています。プロパンガスは「ボンベ」に詰められ、個別の家庭や施設に供給されるため、インフラ整備が進んでいない地域でも利用しやすいです。中古住宅でプロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討する際には、ガス設備の「改修費用」や「使用料金」に注意が必要です。プロパンガスは初期導入コストが低いため、短期間の利用には経済的と言えますが、長期的には都市ガスの方が「ランニングコスト」が低くなることが多いです。ガスの種類によって、ガス機器の適合性も異なるため、専門業者に相談することをお勧めします。

都市ガスの特徴

都市ガスは、日本国内で広く利用されているガス供給方式の一つです。主に「メタン」を主成分とする天然ガスを使用しており、環境にやさしいエネルギー源として評価されています。都市ガスは、ガス管を通じて各家庭や事業所に供給されるため、供給が安定しているのが特徴です。特に「中古住宅」を購入する際、プロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討する方も多いです。都市ガスは、プロパンガスに比べて料金が安定していることが多く、ランニングコストの削減が期待できます。また、ガス機器の選択肢も広がり、利便性が向上します。都市ガスの導入には、ガス管の敷設工事が必要ですが、その後の利便性やコスト面でのメリットを考慮すると、多くの家庭で選ばれる理由が理解できます。

プロパンガスの費用は都市ガスと同等?

プロパンガスと都市ガスの費用は、一般的に「異なる」とされています。プロパンガスは、供給方法や「流通コスト」が異なるため、都市ガスよりも高くなることが多いです。特に、中古住宅を購入する際には、プロパンガスが設置されている場合が多く、その費用も考慮する必要があります。

都市ガスは、インフラが整備された地域で利用されるため、供給の安定性と「コスト面」でも優れています。一方、プロパンガスは「地方」や「山間部」など、都市ガスの供給が難しい地域で利用されることが多いです。これにより、プロパンガスの価格は「変動しやすく」、地域や契約内容によって大きく異なることがあります。

プロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討する場合、初期費用や「工事費用」がかかることがありますが、長期的には「ランニングコスト」が抑えられる可能性があります。したがって、住宅の購入やリフォームを考える際には、ガスの種類とその費用をしっかりと比較検討することが重要です。

新設プロパンガスの導入費用

新設プロパンガスの導入費用を考える際、中古住宅における「プロパンガスから都市ガス」への切り替えも重要です。まず、プロパンガスの導入費用は、設置場所や使用する機器によって異なります。一般的には、ガスボンベの設置費用、配管工事費、ガス機器の購入費が必要です。特に配管工事は、住宅の構造や設置場所によって大きく変動することがあります。また、プロパンガス会社によっては、初期費用を抑えるためのプランや割引が提供されていることもあります。中古住宅の場合、既存のガス配管を利用できるかどうかも確認が必要です。プロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討する場合、都市ガスの配管が敷設されている地域であることが前提となります。都市ガスへの切り替えには、新たな配管工事やガス機器の交換が必要となり、初期費用が高額になることがあります。したがって、どちらのガスを選ぶかは、初期費用だけでなく、ランニングコストや利便性も考慮して決定することが重要です。

給湯器交換の費用負担

給湯器交換の費用負担は、家庭の「エネルギー効率」や「快適性」を向上させるために重要な投資です。中古住宅に設置されている給湯器が古くなっている場合、新しい給湯器への交換を検討することが多いです。特に「プロパンガスから都市ガス」への切り替えを考える際には、初期費用が重要な要素となります。プロパンガスはランニングコストが高いため、都市ガスに切り替えることで長期的な「コスト削減」が期待できます。しかし、都市ガスへの切り替えには「配管工事」や「機器の交換費用」がかかるため、総額で数十万円の費用が発生することもあります。給湯器の種類や設置場所、工事の内容によっても費用は変動しますので、事前に複数の業者から見積もりを取ることが推奨されます。さらに、自治体やガス会社による「補助金制度」やキャンペーンを利用することで、費用負担を軽減することも可能です。

火力の強さと利便性

中古住宅を購入する際、特に「プロパンガスから都市ガス」への切り替えを検討することが重要です。プロパンガスは火力が強く、料理や暖房に最適ですが、コストが高くなることが多いです。一方、都市ガスはランニングコストが低く、長期的には経済的です。火力の強さと利便性を考慮すると、都市ガスへの切り替えは魅力的な選択肢となります。また、都市ガスは供給が安定しており、災害時の復旧も迅速です。中古住宅のリフォームやリノベーション時にガスの種類を見直すことで、生活の質とコスト効率を向上させることができます。さらに、都市ガスへの切り替えにより、環境への負荷も軽減されることが期待されます。

都市ガス管の非埋設地でも利用可能

都市ガス管が埋設されていない地域でも都市ガスの利用は可能です。特に「中古住宅」を購入した場合、プロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討する方も多いでしょう。都市ガスの供給がない地域では、ガス会社が「ガスボンベ」を使用して供給する方法があります。この方法では、都市ガスと同じようにガスを使用できるため、利便性が高まります。また、都市ガスへの切り替えには、ガス会社との契約や設備の設置が必要ですが、これにより「ガス料金」が安くなる場合もあります。プロパンガスと比較しても、都市ガスは環境への影響が少なく、経済的なメリットも大きいです。したがって、非埋設地でも都市ガスを利用することで、生活の質を向上させることができます。

新築から数年:プロパンガスの利用制約

新築から数年が経過すると、「プロパンガス」の利用に関する制約が浮上することがあります。特に「中古住宅」を購入する際には、プロパンガスから「都市ガス」への切り替えを検討する方も多いです。この切り替えには、初期費用や工事期間が必要となり、予算やスケジュールの調整が求められます。また、プロパンガスは供給業者によって料金が異なるため、比較検討が重要です。都市ガスへの切り替えを考える際には、地域のガス供給状況を確認し、適切な業者を選ぶことが大切です。これにより、安全で効率的なガス利用が可能となります。

災害時の強い味方:プロパンガス

災害時には「プロパンガス」が強い味方となります。プロパンガスは独立した供給システムを持ち、配管の破損や停電の影響を受けにくいです。そのため、地震や台風などの自然災害時にも安定して利用できます。特に中古住宅では、プロパンガスから都市ガスへの切り替えが検討されることが多いですが、災害時のリスクを考慮するとプロパンガスのメリットは大きいです。また、プロパンガスはボンベ交換が容易で、災害時の復旧も迅速です。さらに、プロパンガスは高い熱量を持ち、調理や暖房においても効率的です。災害時の備えとして、プロパンガスの利便性を再確認することが重要です。

自動遮断機能と安全性

中古住宅を購入する際、「自動遮断機能」は重要な要素です。特に「プロパンガスから都市ガス」への切り替えを検討している場合、安全性の確保が求められます。自動遮断機能は、ガス漏れや過剰なガス使用を感知すると自動的にガス供給を停止する仕組みです。これにより、火災や爆発のリスクを大幅に低減できます。中古住宅では設備の老朽化が進んでいることが多いため、この機能の有無を確認することが重要です。都市ガスへの切り替えを行う際にも、業者に自動遮断機能の設置を依頼することで、安心して生活を始めることができます。ガスの安全性を確保するためには、定期的な点検やメンテナンスも欠かせません。

供給停止後の早期復旧

供給停止後の「早期復旧」を実現するためには、迅速かつ正確な対応が求められます。特に「中古住宅」でのガス供給停止は、住民の日常生活に大きな影響を与えるため、早急な対策が必要です。まず、プロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討する際には、適切な設備と専門知識を持つ業者の選定が重要です。都市ガスへの切り替えは、供給の安定性やコスト面でのメリットがあり、長期的な視点で見ても有益です。

実際の復旧作業では、まずガス漏れの有無を確認し、安全を確保することが最優先です。その後、ガス供給システムの点検と修理が行われ、必要に応じて新しい配管や機器の設置が進められます。これにより、供給停止後の早期復旧がスムーズに進みます。

また、住民への情報提供も欠かせません。復旧作業の進捗状況や安全確認の結果を適時に伝えることで、住民の不安を軽減し、信頼関係を築くことができます。

プロパンガスの魅力:都市ガスとの比較

プロパンガスは「中古住宅」において特にその利便性が評価されています。例えば、プロパンガスは設置場所を選ばず、どの地域でも利用可能です。都市ガスと比較すると、災害時の復旧が早いという利点もあります。さらに、プロパンガスは熱量が高く、調理や暖房効率が優れています。

一方、都市ガスは供給が安定しており、料金が比較的安価です。しかし、都市ガスの導入には配管工事が必要で、初期費用がかかることが多いです。特に「プロパンガスから都市ガス」への切り替えを検討する際には、これらの費用を考慮する必要があります。

また、プロパンガスは個別供給のため、各家庭の使用量に応じた料金設定が可能です。これに対して、都市ガスは一律の料金体系が一般的です。どちらを選ぶかは、住まいの環境やライフスタイルに合わせて検討することが重要です。

関連記事のご紹介

中古住宅を購入する際、エネルギー源の選択は重要なポイントです。特に「プロパンガスから都市ガス」への切り替えは、多くのメリットがあります。まず、都市ガスはプロパンガスに比べて「コスト」が安く、長期的に見ると家計に優しい選択です。さらに、都市ガスは供給が安定しており、災害時にも強みを発揮します。

また、都市ガスへの切り替えに伴う「工事費用」や手続きも気になるところですが、多くの自治体やガス会社が補助金や助成金を提供しているため、初期費用を抑えることが可能です。中古住宅のリフォームを考えている方は、この機会にプロパンガスから都市ガスへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

中古住宅に関連する情報や事例については、以下の記事も参考にしてください:


-中古住宅の選び方と注意点|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)

中古住宅に対する不安の内容とその解決策は?|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)

これらの記事を読むことで、より具体的な情報を得ることができます。

更なる知識を得るための記事一覧

中古住宅を購入する際、特に「プロパンガスから都市ガス」への切り替えを検討することが重要です。プロパンガスは初期費用が安い一方、ランニングコストが高くなることが多いため、長期的な視点で都市ガスへの切り替えを考えることが賢明です。切り替えの際には、ガス会社との契約内容や工事費用、さらには住宅の配管状況を確認する必要があります。特に中古住宅では、既存の配管が都市ガス対応かどうかを事前に調査することが求められます。また、都市ガスへの切り替えにより、月々のガス料金が大幅に削減される可能性があります。さらに、都市ガスは安定供給が期待できるため、災害時のリスクも軽減されます。中古住宅の購入を検討している方は、これらのポイントを踏まえて「更なる知識」を深め、賢い選択をすることが大切です。
 

おすすめコラムはこちら

みんなのマイホーム購入年齢は?それぞれの年代での注意点や利点について|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)

2項道路について「建築基準法上の道路」|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)

中古住宅購入時のライフラインチェックリスト【完全版】|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)


著者情報

宅地建物取引士 刈田 知彰

      (かりた ともあき)

ハイウィルでは主に不動産の仲介をさせて頂いております。刈田です。

私が不動産業界に飛び込んでから早16年が過ぎました。最初に入社した会社は新築マンション・新築戸建ての企画・開発・販売までを行う会社でした。そこで新築マンションや新築戸建てのノウハウを学び営業してきました。当時の私は何の考えもなしに、中古は「保証もないし」「リスクが高い」と中古のデメリットのみを説明する営業ばかりをしてきました。あるとき自分の間違えを受け入れ、これからの日本は新築住宅が脚光を浴びるのではなく中古流通×性能向上リノベーションが日本の住宅市場のスタンダードになっていくと確信し、現在は大正八年創業のハイウィル株式会社で中古流通×性能向上リノベーションをメインに物件のご紹介をさせて頂くようになりました。とはいえ今はその狭間の時代となり、新築住宅も中古住宅どちらにも重要があり、ご紹介させて頂いております。

新築戸建てから中古戸建てのことならなんでもご相談ください!

著者情報 刈田知彰

「性能向上リノベーション」をこれからされる方は「増改築.com」へ
増改築.comでは買ってはいけない中古住宅と買っていい中古住宅とは?|戸建フルリフォームなら増改築.com® (zoukaichiku.com)を解説しております。

 

会員様限定の「非公開不動産」を閲覧したい!カンタン無料会員登録

現在127件ご紹介可能!

売主様のご要望で一般には公開していない
「非公開不動産」を会員様だけに限定公開しています。

今すぐ無料会員登録